水分取らない 頻尿

水分取らないのに頻尿のわけ

スポンサーリンク

水分取らないことによって、トイレの回数を減らすことは可能ですが、おしっこは生理現象でもあるため、尿意サインを無視することで膀胱炎などの排尿トラブルにも繋げてしまいやすく、気をつけたい点となります。
女性にとって頻尿は特に悩みのタネであり、過剰な水分補給や加齢によって引き起こされるトラブルと周知されています。
しなしながら、過剰に水分取らない女性でも頻尿トラブルが発生しており、日中約8回以上、睡眠中に2回以上トイレに行く場合には頻尿の症状と言われています。
トイレが近く量が多いだけで病気ではないものの、原因を改善させるだけで睡眠の質が高まったり、大事な場面で席を立つなどの心配もなくなり、生活面でもプラスに働きかけます。
通常は、コーヒーや紅茶などのカリウムの働きによって水分が体外に排出されやすいため、トイレの回数を気にする場合にはカリウムを多く含む飲み物や食べ物は摂取を控えることが重要視されています。

スポンサーリンク

水分は飲み物だけではなく、食物には含まれていて、特にスイカやキュウリなどは水分量も多く、注意が必要です。
しかし、水分取らないにも関わらず頻尿の症状が改善できない場合には冷えも関係しています。
単純に身体が冷えることでトイレが近くなるのですが、通常、余分な水分は発汗することで体外に排出されているものの、冷えによって発汗できない余分な水分は尿として排出するしか術がなく、結果的に頻尿に繋がってしまいます。
血液循環が著しく弱いため、水分によるむくみも誘発して尿意を感じやすくなってしまいやすく、身体をしっかり温めることが改善策です。
また原因の1つには、出産や筋肉の衰えなどによる骨盤底筋が弛むことも考えられています。
骨盤底筋は、膀胱や尿道を支える筋肉であり、筋肉が鍛えられている場合には尿道口がキュッと締まっているため、尿意を感じるギリギリまで排出中枢が働かないのですが、弛むことですぐに尿意を感じる指令が伝達されてしまうため、鍛えることも重要です。

スポンサーリンク