緊張する トイレが近い

緊張することとトイレが近いことの関係性

スポンサーリンク

大事な試験や会議の前の緊張した状態になると、ついさっき行ったはずなのにすぐにまたトイレに行きたくなってしまうことは多くの方が経験したことのあることと思います。
そしていざトイレに行ったとしても出てくる量はわずかな場合がほとんどなはずです。
膀胱に尿はたまっていないはずなのに、なぜ緊張するとトイレが近くなるのでしょうか。
ここでは緊張とトイレが近いことの仕組みについて紹介します。
まず緊張するとトイレが近くなることの原因は緊張に伴うストレスにあります。
人間の体は脳によってコントロールされているので、通常の状態は排尿も脳のコントロールによって行われています。
具体的には膀胱が尿でいっぱいの状態になると膀胱壁が引き伸ばされ、それが神経を通って脳に伝わります。
すると脳はその信号を排尿中枢で受け取り、排尿の指示を出します。
その指示を受け取った膀胱は収縮をし排尿の状態になるので、その結果トイレ行きたいという状態になるのです。
これが通常の場合の排尿のメカニズムとなります。

スポンサーリンク

しかしながら緊張した場合はというと、緊張による強いストレスのせいで通常の場合と信号が送られる順序が変わってしまうのです。
一体どういうことかというと、先ほど説明したように通常であれば信号は膀胱から脳へと送られて排尿へとつながります。
しかし、緊張に伴うストレスは脳にも大きなストレスを与えるため、信号を受け取るはずの排尿中枢が麻痺してしまったり、逆に過敏な状態になってしまいます。
すると膀胱から来た信号を元に排尿の指示を出すはずのところを、信号を受け取るよりも先に膀胱に対して排尿の指示を出してしまいます。
脳からの指示があれば膀胱は収縮するので、たとえ膀胱に尿がそれほどたまっていないとしても脳からの指令によって収縮をして排尿の準備をします。
その結果ついさっきいたはずでもまたトイレに行きたいと思ってしまうのです。
これが緊張とトイレが近いことの関係であり、摂取した水分量や膀胱にたまった尿量にかかわらずストレスが原因となって誰しもに起こりうる現象なのです。

スポンサーリンク