心因性頻尿 対策

心因性頻尿の対策について

スポンサーリンク

 「心因性頻尿」は、何らかの精神的・心理的な緊張が要因となって、尿意を感じてしまい、尿意に対して強くこだわってしまう症状のことであり、トイレを我慢しなければいけないと思うほど、トイレに行きたくなってしまうという特徴があります。
そもそも頻尿とは、トイレに行った直後であるのに、残尿感があり、すぐにトイレに行きたくなる症状のことです。
排尿の回数が、昼間で8回以上、夜間では2回以上起きる場合に、頻尿の対象となります。
 人間は、150CC程度の尿が膀胱にたまると、尿意を感じるようになります。
そして、膀胱の尿量が250CCを超えると、切迫した強い尿意を感じるようになります。
心因性頻尿では、心身の疲労が大きく影響して、さらに頻尿の症状が悪化する場合も少なくありません。
つまり、心身の疲労=ストレスの原因を探ることが、心因性頻尿の対策のひとつとなります。
ストレスを解消することによって、トイレの回数が確実に減ったというケースもあります。

スポンサーリンク

 心因性頻尿の場合には、頻尿の原因が身体的なものではなく、心にあります。
真面目な人ほどストレスを溜めやすく、心因性頻尿になりやすい傾向があります。
心因性の頻尿は、薬で治すことができません。
有益な対策法は、心の持ち方となります。
尿意を感じたら、無理をせずにトイレに行きましょう。
自分はトイレが近いのだと割り切って、認識することも重要なポイントとなります。
 トイレの回数が多いことを他人に悟られることを恐れるが故に、尿意を我慢しなければならない場所を避けるようになったり、常に自分の頻尿が気になって、日常生活にも支障が出るような場合には、心療内科を受診するというのも有益な方法です。
医師やカウンセラーと話すだけでも心の持ち方は変わります。
抗不安薬が処方される場合もあります。
心因性は、心の持ち方で治る頻尿であり、身体には異常がないとわかることによって、気持ちが楽になり、症状が改善するケースも少なくありません。

スポンサーリンク