夜になると残尿感 原因

夜になると残尿感を感じてしまう原因について

スポンサーリンク

昼間は何ともなくても夜になると残尿感を感じてしまう原因として、膀胱炎という尿の病気が関係していることが多くなっています。
膀胱炎という病気に発症してしまうことによって、上手に排尿が出来なくなってしまうことがあります。
それによって夜になると残尿感が残ってしまう原因につながることが多くなっており、ストレスが増加するきっかけにもなります。
発症理由については膀胱に細菌が入ることによって、それにより炎症を起こしている状態となっています。
それによって残尿感を感じることがある他に、排尿をすること自体に痛みを感じてしまう事例もあります。
さらに症状が悪化してしまうことによって、血尿といったものが出てしまうこともあります。
また仕事などの関係で排尿することを我慢している時にも、膀胱炎といった病気の発症率を増加させてしまいます。
このように膀胱炎という病気に発症している場合において、残尿感を感じることがあるきっかけにつながることがあります。

スポンサーリンク

 夜になると残尿感を感じるのは膀胱炎という病気が深く関係しており、男性より女性の発症率の方が高くなっています。
原因については男性に比べて女性の方が尿道の長さが短いことが理由であり、その分細菌の感染も受けやすくなっています。
具体的な発症原因についてはいくつかありますが、ダイエットをしているときにかかることが多いです。
ダイエットをすると補給する栄養が偏ってしまうことになるので、その影響によって体の病気に対する免疫力が低下をします。
すると通常時では病気を発症しないケースにおいても、ダイエット時においてはかかってしまうことがあります。
特に食事制限をすることが多いダイエットについては、こういった病気を発症しやすいため注意が必要です。
また風邪や下痢といった症状でも体の免疫力が一時的に低下をするため、膀胱炎についても発症させないようにすることが重要です。
体の免疫力が低下すると発症率が増加するので、女性の利用率が多いダイエット時においては特に気を付ける必要があります。

スポンサーリンク