尿意切迫感 尿が近い 症状 原因

尿意切迫感と尿が近い症状と原因

スポンサーリンク

尿に関するトラブルや悩みを抱えているという人は、男性に比べて女性の方が多いと考えられています。
その中で頻尿に悩まされているという人がいます。
過活動膀胱と呼ばれることもありますが、頻尿だけではなく、夜中に何度もトイレに行くというような夜間頻尿、不意にトイレに行きたくなると言うような尿意切迫感などを引き起こす原因と考えられています。
尿意切迫感という状態がありますが、これは過活動膀胱が関係しています。
これによって尿が近いと言うような症状が現れるようになっています。
過活動膀胱では、排尿筋が過剰に収縮してしまうことが原因となって、尿をためることができる量が少なくなってしまいます。
したがって尿意切迫感があったり尿が近いという症状、この他にはトイレの回数が増えるというようなさまざまな症状が発生するようになっているのです。
男性に比べると女性の方が症状が現れやすいと考えられていますが、そこには次のような理由があります。
それは女性は尿道が3センチメートルから4センチメートルと短くなっています。
したがって男性と比べると尿漏れを引き起こしやすい状況にあります。

スポンサーリンク

過活動膀胱という状態がありますが、ここでは収縮した排尿筋を、リラックスさせるというのが改善方法となっています。
日本ではこのような状態に悩まされているという人が非常に多くなっています。
40歳以上の8人に1人が過活動膀胱の状態となっています。
女性の場合は加齢と共に増加傾向にあります。
具体的にはどのような症状が現れるようになっているのかというと、夜中に何度もトイレで目が覚めます。
尿が近いと言うことがあったり、急にトイレに行くと言うことが心配で、旅行に行くことができません。
急にどうしても尿意を我慢することができなくなったり、トイレに間に合うことができずに漏らしてしまったというような経験をしたことがある人も少なくありません。
原因として考えられているのは、骨盤底筋の緩みとなっています。
妊娠や出産後に尿漏れに悩まされているという人が多くなっていますが、これは骨盤底筋が緩んでいることが関係しています。
したがって対処法としては、排尿筋をしっかりとリラックスさせ、骨盤底筋を鍛えると言うことが大切になります。
これは運動によって鍛えることができます。

スポンサーリンク