夜間頻尿 定義 回数

夜間頻尿の回数と定義

スポンサーリンク

夜眠っているときに尿意を催すと覚醒してしまい,しっかりと睡眠時間を確保できなくなります。
そもそも夜間頻尿の定義は夜間に何回以上トイレにいくと夜間頻尿になるのか、その回数ですが平均で2回を超えると夜間頻尿に定義されます。
しかしトイレにいく回数が2回以上だからといって、すべて夜間頻尿とは限らないです。
前日にビールや清涼飲料水を飲みすぎた場合には、当然トイレにいく回数は頻尿でなくても多くなります。
そのためトイレにいく回数より本人が頻尿の症状で困っていれば、夜間頻尿と定義されることがあります。
頻尿にはいくつかの原因がありますが、まず過活動膀胱と呼ばれる症状があります。
過活動膀胱とは膀胱にそれほど尿がないのにも、関わらずトイレにいきたくなる症状です。
加齢による場合や前立腺肥大が原因のこともありますが、理由が明確でないこともあります。
過活動膀胱で悩んでいるときは、安全のため泌尿器科で診察するのがいいです。
そして男性に多いのが前立腺肥大で、膀胱の周囲の前立腺が肥大することで膀胱にダメージを与え頻尿になるのです。
前立腺肥大の治療は一般的に薬物で治していき、合併症が起こるときは手術することもあります。

スポンサーリンク

夜間頻尿で悩んでいる場合自分でできる対応としては、排尿の回数や時刻などを記録しておくことです。
そして排尿記録は夜間だけでなく、朝からの回数を記録するのです。
このことによって正確な排尿の回数を把握することができるので、医師の診断を受けるときに非常に役に立ちます。
次に生活習慣が乱れていて不規則な生活をしていると頻尿になりやすいので、早寝早起きの規則正しいリズムで生活するように改善していきます。
またアルコールやコーヒーやお茶には、利尿作用があるので夜は控えめにします。
塩分を摂りすぎると水分がほしくなるので、塩分を減らすのもいいです。
他に夜間頻尿の原因としてはストレスを溜めすぎたり、偏食も頻尿になりやすいので食生活は満遍なく栄養を摂るようにして、軽い運動を習慣にするなどして健康維持につとめるようにします。
女性の頻尿の改善に効果があるのが骨盤底筋体操で、肛門周囲の筋肉を絞める運動を繰り返します。
次に膀胱訓練と呼ばれる方法は尿意を感じたら、トイレにいくのを我慢して少しずつその時間を伸ばしていく方法です。

スポンサーリンク