多尿 頻尿 定義

多尿と頻尿の定義について

スポンサーリンク

夜中に何度もトイレに行くと言うことがあります。
これでは夜中に何度も目が覚めると言うことになるので、なかなかゆっくりと休むことができません。
頻尿に悩まされているという人がいますが、なかなか誰かに相談するのが恥ずかしいと感じている人も多くなっています。
しかし頻尿に関しては、何か病気の前兆である可能性もあるので、中をすることが大切になります。
頻尿の定義というのが気になりますが、頻尿の定義は次のようになっています。
それは1日に排出する回数に関して個人差がありますが、日中では5回、夜中には0回から1回というのが定義となっています。
しかしさまざまな原因が重なってしまうと、排尿回数が増加傾向にあります。
これで排尿回数が多くなってしまうと、頻尿と呼ばれるようになっているからです。
定義では1日8回以上の排尿というように決められています。
何度もトイレに行きたいと言うことになれば、頻尿と考えることができます。
これに対して1回の排尿量が多いと言うことになれば、これが多尿の定義となっています。
頻尿では排尿量が少ないことが多くなっています。

スポンサーリンク

頻尿の原因として考えられることは次のようになっています。
何度もトイレに行くと言うようになっていますが、原因となる疾患が隠されているという可能性もあります。
前立腺肥大症や神経因性膀胱や膀胱炎や膀胱異物が原因となっていることがあります。
この他には膀胱結石や膀胱炎や膀胱異物が関係していることもあります。
前立腺肥大症は次のようになっています。
それは男性ホルモンが強い高齢の男性に多い病気となっています。
残尿感があったり夜間の多尿や尿腺途絶というようなことがあります。
病気の可能性があるかもしれないと考えている時期であれば、多尿であっても排尿の後に残っているというような感じがありません。
排尿の勢いも強いままとなっています。
しかし時間の経過と共に尿がなかなかでなくなってしまいます。
最終的には尿閉状態となってしまいます。
腎臓や尿管に悪影響が出てしまうと言うことも考えられます。
尿路感染症を発症しやすくなっているので、早期に治療を行う必要があります。
尿がたくさん出るという原因の背景には、病気なども関係していることがあるので、注意が必要となります。

スポンサーリンク