夜頻繁 トイレに行く

夜頻繁にトイレに行く悩みを解決

スポンサーリンク

夜頻繁にトイレに行くことに悩む女性が増えていますが、その症状は夜間頻尿と呼ばれています。
夜間頻尿は、日中には正常な範囲でトイレに行くものの、夜頻繁に尿意を感じてしまい、日中と変わらない程にトイレに行く特徴が挙げられています。
夜頻繁に起きることによって、十分に睡眠が取れず、昼間に睡魔が訪れるなどの生活リズムが狂ってしまいやすく、対処や対策は必要です。
夜間頻尿は、体内に溜まってしまった水分が尿として排出される仕組みであり、特に女性の場合にはむくみが要因となっています。
むくみは日中の立ち姿勢が大きく影響しており、血液循環が鈍い女性の場合には足に水分が滞り、むくみに繋がります。
その状態のまま横になることで、足に溜まっていた水分が静脈に吸収されて心臓へと巡りまわり、身体は体内で一時的に水分が増えたことを察知し、不要な水分を身体の外に排出させるためにトイレへの指令を脳に出し、夜間頻尿へ繋げてしまいます。

スポンサーリンク

対処法としては、要因となるむくみを取り除くことが挙げられます。
身体の中のメカニズムとして、水分が尿になるまでに約4時間ほどの時間が掛かるため、むくみ取りは就寝4時間前に行うことがポイントとなります。
最も効果的な方法となるのが女性に利用しやすい入浴です。
女性の悩みとしても多いむくみは、末端の冷えや筋力不足が原因でもあり、入浴することでメリットを得ることが可能です。
入浴前にはコップ1杯程度の水を飲むことで体内の水分の巡りが向上しやすいメリットがあり、足までしっかり温められる湯船に浸かることで血液をスムーズに循環させられ、冷え性も緩和できます。
入浴することで発汗し、余分な水分も汗として排出されるために夜頻繁にトイレに行く行為に悩む場合には簡単に行える解決法となります。
また、就寝前には冷たい飲み物をはじめ、珈琲や緑茶などの尿を排出させやすい成分を含む飲み物を控えることも、夜の尿意に繋げないための手段となります。

スポンサーリンク