むくみ トイレ近い 内臓 原因

むくみやトイレ近い原因は内臓にある

スポンサーリンク

むくみが気になる人は多いものです。
特に冷え性の人は血流が悪いので、むくみやすくなくります。
また、トイレ近いという人も居ます。
この場合、外出をしても常にトイレの場所をチェックしてしまいがちです。
いつどんなタイミングでトイレに行きたくなってしまうか分からないので、外出することが億劫になってしまう人も居ます。
これらの原因は、内臓に関係しているかもしれません。
例えば、腎臓です。
腎臓はとても小さく、誰でも二つ持っています。
そのため、片方が悪くなってしまっても、もう片方で補うことは可能です。
それでも、尿のコントロールをするなど、とても影響のある内臓と言えます。
むくみがひどい人は腎臓が弱っている可能性も否定できません。
トイレ近いというのは膀胱に異常がある可能性もあります。
例えば膀胱炎が挙げられます。
いずれにしても、頻尿になってしまうと日常生活に支障が出てしまうので、早急に改善が必要です。
泌尿器科などを訪れてみることをお勧めします。
ただし、必ずしも膀胱が悪いとは言えないことから、一度、全体的な検査を受けた方が安心です。

最初は総合病院をで健康診断を受けてみることをお勧めします。

スポンサーリンク

むくみの原因は尿が溜まっていることも関係しています。
そのため、トイレ近い人は、その都度、出しきっているはずです。
出しているのにむくんでいるというのは、何らかの病気かもしれません。
よく言われているのは内臓の病気です。
膀胱の機能がおかしくなっている可能性が高いと言えます。
例えば、仕事でなかなかトイレに行けない人は、我慢ぐせがついてしまっているものです。
常にトイレを我慢しているので、膀胱にはたくさん尿が溜まってしまいます。
それが、むくみへと繋がってしまっているのかもしれません。
もちろん、原因によって治療法は異なってきます。
内臓に異常があると言っても、どの内臓なのか、しっかり確認してみることが大切です。
飲み薬だけで治療可能な病気もありますが、中には重篤な状態になってしまっていることもあります。
外科的な手術も否定できません。
ただし、自律神経やホルモンバランスの崩れなども影響することがあるので、あまりネガティブにならないことをお勧めします。
精神的な問題の場合には心療内科になるので、まずは原因を探ることが大事です。

スポンサーリンク