禁煙 頻尿 関係 原因

禁煙と頻尿の関係や原因について

スポンサーリンク

禁煙をすると頻繁にトイレに行きたくなるというようなことがあります。
このときに禁煙と頻尿の関係や原因についての関係が気になります。
人間は毎日の生活の中手トイレに行って排尿をしています。
これは生理現象となっているので、当たり前のことです。
その中でたくさんの尿を排出するようになっていますが、1日に排出する尿の量は、一般的に2リットルと考えられています。
その中で最近問題となっているのが、夜間の頻尿と言うことになります。
頻尿になると、睡眠に障害が発生するようになっています。
ぐっすりと眠ることができないので非常につらくなってしまいます。
夜の10時頃までお酒を飲んで12時に就寝をし、その後2時か3時という時間帯に目が覚めると言うことが多くなっています。
その中でタバコを吸っているという人は、利尿作用に抑制があると考えられています。
したがってタバコを吸うと言うことは、排尿の時間が長くなると考えられています。
そして禁煙をすると、頻尿と感じるほどトイレに行く回数や時間が短くなると言うようになっています。
このときの関係性が気になります。

スポンサーリンク

ここにはニコチンと排尿の関係があります。
タバコを吸うと体の中にニコチンが吸収されると言うようになっています。
血液の中のニコチンに関しては、肝臓に送られます。
そこでコチニンという成分に濾過されるようになっています。
その後で尿になって排出されるようになっています。
ニコチンは排尿の時間を長くする原因となっています。
ニコチンが利尿を抑制するというようになっていますが、これはたばこを吸うと言うことで、抗利尿ホルモンが分泌されるようになっているからです。
これはどのような特徴があるのかというと、トイレに行く回数を少なくするという特徴があります。
そこでタバコを吸うのをやめると、今までのようにトイレの回数が元に戻るようになっています。
回数が増えたように感じますが、実際には本来の形に戻っただけと言うようになっています。
しかしあまりにも尿の量が少なく回数が多いと言うことになれば、何か病気が原因となっている可能性があります。
夜間のトイレの回数が多かった利尿の色や臭いが変化しているというような異常を感じたときには、医療機関を受診するようにします。

スポンサーリンク