尿量 少ない 原因

尿量が少ない原因と対策

スポンサーリンク

私達の体は老化現象や妊娠出産、骨盤低の筋力の低下等の原因により排尿時の違和感や尿量が少ないにもかかわらず頻繁に来る尿意、またはちょっとしたことで起きてしまう尿漏れ等により日常生活に支障を来すことがあります。
健康な成人の1日の尿量は平均1000ml〜2000mlと言われていますが尿量が1日に400ml以下の場合は乏尿(ぼうにょう)1日50ml以下の場合は無尿(むにょう」と呼ばれています。
腎臓が濾過フィルターの役割を果たしており、老廃物は尿と一緒に流されることで血液が綺麗に保たれ体中に循環することができます。
尿の出が悪くなったり尿量が少なくなることで体の中にある老廃物や毒素を排出することが出来なくなり手や足や顔に浮腫みが起き始めます。
ひどい状態になると吐き気や倦怠感、呼吸困難を引き起こすことがあります。
また、量が少ないにもかかわらず頻尿になっている場合、出来るだけ水分を取らないようにする人がいますが体の状態がおかしくなるだけではなく水分不足により脱水症状を引き起こす可能性が高くなるため水分はきちんととるようにした方が良いです。

スポンサーリンク

水分不足による尿量の減少であれば問題ありませんが体の機能に異常があることにより排尿が促されなくなったり逆に頻尿になる場合があります。
尿量の減少の主な原因は腎前、腎性、腎後の3つに分けられます。
腎前の場合は腎臓に十分な血流が無くなることで引き起こされます。
症状として脱水症状や感染症等があげられます。
腎性は腎臓そのものに問題がある場合を指します。
筋肉細胞が壊死することで腎臓の機能が失われ血液中に尿が逆流する横紋筋融解症や尿管の壊死や尿が溜まる腎盂に炎症が起きることでも尿が少ない原因になります。
腎後である膀胱や尿路に問題がある場合に起きます。
尿路結石や炎症や腫瘍等によりせき止められてしまうことで尿が少ない原因になっていきます。
体の様子が少しでもおかしいと異変を感じたら早い段階で検査を受けて原因をつきとめることが肝心です。
また、体に異常がなくても尿量が減少することもあります。
自分の体を知る上でも定期的に検査を受けて体をしっかりメンテナンスすることで症状を徐々に改善していくことができるようになります。

スポンサーリンク