老人 頻尿 原因

老人に多い頻尿の原因

スポンサーリンク

老人や高齢者は、若い人たちに比べて頻尿になる割合が圧倒的に高くなります。
老人が頻尿を引き起こす原因として多いのは、前立腺肥大や糖尿病、膀胱炎などがあり、加えて身体全体の機能が低下している事が原因と考えられています。
頻尿を治すには原因となるこれらの病気を治療する事が前提となります。
しかし、身体機能の衰えは加齢と共に進むものである為、年齢と共に頻尿になってしまうことは仕方の無い事です。
老人の多くは若い時と比べ運動量が少なくなっており、汗をかく量が減っています。
その為、運動量と水分の摂取量が問題となり、汗として出るはずの水分が減少してしまい、その代わりに尿として排出されている事も原因として考えられます。
また、夜眠っているときに2回以上トイレで起きる「夜間頻尿」が問題になっています。
高齢になればなるほどトイレの回数は増えると言われており、介護を必要とする高齢者の場合には家族の負担も増えています。
また夜中に自力でトイレに行ける老人でも、倒れて骨折するなどの事故も増えており夜間のトイレはとても危険と言われています。

スポンサーリンク

通常人は膀胱に尿が溜まって尿意を覚え、排尿するまでを脳でコントロールしています。
肝臓、膀胱、尿管などの泌尿器が脳うの指示に従い正常に機能して排尿するのが正常な流れです。
この正常な排尿までの流れは通常であれば日中に起きるとされています。
しかし高齢になるに従いこの流れが夜間に起きてしまうようになります。
また尿は通常は活動の多い日中に作られます。
しかし、心臓や肝臓、腎臓の機能が衰えてきた高齢者は、日中だけでは尿が作りきれず夜間に及んで尿を作ってしまうのです。
これが「夜間頻尿」の原因です。
さらに男性高齢者の前立腺肥大、女性高齢者の膀胱炎なども頻尿の原因とされています。
また日々服用している血圧の薬などや、利尿作用のある薬が影響するなどもあります。
この様に、頻尿は加齢からくる身体全体の衰えが大きな要因となっています。
しかし高齢だからと諦める必要はなく、今では症状を軽くする方法がたくさんあります。
起床、就寝時間、食事時間を守り規則正しい生活することで、体の方もいつ排尿すべきか解るようになります。
生活リズムに気を付ける事も改善策の一つです。

スポンサーリンク