頻尿 水分取りすぎ 原因

頻尿と水分取りすぎ原因

スポンサーリンク

熱い時期はたくさんの水分が体の中から奪われるようになっているので、脱水症状を引き起こさないためにしっかりと水分補給をすることが大切になります。
人間の体の大きな部分は水分でできていると言われています。
その中で生まれたばかりの赤ちゃんに関しては、体重の約80パーセントが水分であると考えられています。
成人になると約60パーセントが水分であると考えられています。
人間は汗をかくことで体温調節を行っていますが、このときに体内の水分の1パーセントが失われてしまうと、喉が激しく渇くようになっています。
さらに2パーセントから4パーセント奪われるということになれば、脱水症状を引き起こすと考えられています。
したがって人間にとって水分を摂取すると言うことは、生命活動を維持するために必要なこととなっています。
最近では健康志向の高まりによって、水分をたくさん摂取すると言うことが言われますが、中には水分取りすぎの傾向の人もいます。
水分取りすぎになってしまうと、むくみなどの原因となり、頻尿を引き起こしてしまうこともあります。

スポンサーリンク

毎日の生活の中で、トイレに行く回数が多いというような頻尿に悩まされているという人がいます。
この場合病院を受診すると言うことになりますが、頻尿で受診をした患者さんの約3割が、水分取りすぎという結果となっています。
知らないうちに水分をたくさん取りすぎていると言うことが原因となって、頻尿の症状が発生しているのです。
したがってその原因を取りのぞくために、1日の水分摂取量の目安をしっかりと把握しておくことが必要になります。
成人は尿や汗や呼吸などで1日に2000から2500ミリリットルの水分を体の外に出しています。
したがって毎日その分の水分をしっかりと補給する必要があります。
しかしここで注意をしなければいけないと言うことではありません。
この量の水分補給をすればいいということではなく、摂取した食物の栄養素が代謝されるときに代謝水という水分が発生するので、排出された水分をすべて水などの飲料水から補給しなければいけないと言うことはありません。
飲料水から得る水分の目安としては、1000ミリリットルから1500ミリリットルということになります。

スポンサーリンク