夜頻繁 トイレに行く

試験などの大事な場面でトイレが近い

スポンサーリンク

体質の問題も少なからずあるものの、大事な場面でトイレが近い悩みを抱える女性は意外と多くいます。
生理現象でもあり、コントロールさせてトイレに行くには難しいものがあり、特に試験などの場面でトイレに立つことは避けたいのが実情です。
トイレが近い女性の多くは、緊張感に伴う精神的ストレスが深く関与している傾向にあります。
特に試験では、その場の雰囲気などの重圧感によって緊張感を伴いやすく、感情を落ち着かせるためにリラックス効果の高い珈琲や紅茶などの飲み物を飲む傾向にあります。
これらの飲み物には利尿作用があるために、トイレが近くなることがあるために控えることもポイントです。
尿意を感じるまでには、膀胱というタンクに尿がめいいっぱい溜まることで膀胱壁が伸ばされ、脳の排尿中枢に指令が通り、トイレに行きたくなる仕組みになっています。
ですが、試験などの大事な場面では緊張していることで指令を出す脳にもストレスが伝わってしまい、排尿中枢が敏感に反応しやすくなってしまいます。

スポンサーリンク

本来、膀胱に溜まった尿の信号が先に指令として出されるのですが、ストレスによって、タンクいっぱいに尿が溜まっていないにも関わらず、脳が膀胱に信号を送ってしまいます。
指令を受けた膀胱は膀胱壁が収縮をはじめ、トイレに行く行動に移ることに繋がってしまいます。
似た働き方となるのが過活動膀胱であり、本来、膀胱はタンクいっぱいに尿を溜めた後排出させますが、膀胱が活動しすぎてしまう排尿筋の緊張によってタンク内の空間が狭まり、量が少なくともトイレに行きたくなる状態を作り出してしまいます。
どちらの場合も、緊張や不安などの精神的なストレスが関与しているため、対処法となるのがストレスを緩和させることです。
大事な場面の前に、リラクゼーション効果の高い香りを嗅ぐ、好きな音楽を聞く、ガムなどを噛むなどのシチュエーションに合った緩和方法を取ることで、近いトイレの生理現象を改善させることに繋げられますし、試験前には必ず用を済ませておくことは重要となります。

スポンサーリンク