アルコール 頻尿 対策

アルコールを飲むと頻尿になってしまう原因と対策

スポンサーリンク

飲酒をするとおしっこが近くなります。
これは、尿の濃さを調節する抗利尿ホルモンの分泌を、アルコールが抑えてしまうからです。
抗利尿ホルモンは尿の濃度を調節することで、必要以上に尿が作られることを抑制してくれています。
そのため、頻尿の原因になってしまうのです。
また、アルコールを分解するためには、水分が必要不可欠です。
脱水症状などにならないように、水分補給をして補うことになります。
すでに作られた尿と、摂取した水分によって頻尿になってしまうのです。
ただし、おしっこが近くなることが嫌で水分を摂らないのは良くありません。
水分を摂らないと、毒性の強い成分が残ったままになってしまいます。
その結果、二日酔いの状態が続き悪化してしまうのです。
特に、アルコール度数の強いお酒ほど水分補給は大切です。
アルコールには利尿作用があるので、尿意を感じやすくなるのは当然のことです。
しかし、強いお酒ばかりを飲んでしまうと極度な頻尿の原因になります。
お酒の量や度数を出来るだけ減らして、飲酒を楽しむことが必要です。
水分補給も欠かさないようにしましょう。

スポンサーリンク

お酒を飲むと頻尿になってしまうのは当然のことです。
対策として、必要な水分量を知っておくことが重要です。
ビール約1.2リットルに含まれるアルコール50gに対して、摂取すべき水分は600mlから1Lです。
大体どのくらいの水分を摂ればつり合いがとれるか、知っておくことで対策が出来ます。
過剰な水分の摂り過ぎも良くありません。
また、排出される尿には数々の栄養素が含まれています。
カリウム・カルシウム・リン酸・ナトリウムなどが一緒に排出されてしまうのです。
そのため、飲酒後は大切な栄養素を補う必要があります。
スポーツドリンクなどイオン飲料を飲むことがお勧めです。
その他にもアルコールだけでなく、カリウムも頻尿の原因になります。
アルコールの量だけでなく、それぞれのお酒に含まれるカリウムも気にしましょう。
どのお酒が頻尿になりやすくなるかどうか、事前に知っておけば頻尿対策になります。
そして、ワインやビールなどは、他のお酒より多くカリウムが多く含まれています。
事前に知った上で、適度にお酒を楽しんで水分を摂ることが重要なのです。

スポンサーリンク