頻尿 治す ツボ

頻尿を治すツボについて

スポンサーリンク

トイレに行く回数が多いと悩んでいる人がいます。
とくに高齢になったり女性に多く見られる症状となっています。
このような症状が現れたときには、膀胱炎を発症している可能性もあるので、注意をする必要があります。
膀胱炎を発症していなくても、トイレに何度も行くと言うことになれば、日常生活や仕事に支障が出てしまいます。
したがって何とか解消する方法はないのかと頭を悩ませている人も少なくありません。
そこで効果があると考えられているのが、頻尿に効くツボということになります。
頻尿を治すツボというのは、体のいくつかの部分に存在します。
その中で頻尿を治すツボとして代表的なものは、三陰交になります。
これは頻尿だけではなく、女性が気になっている冷え性やむくみにも効果があると考えられています。
くるぶしから指4本分上に位置しています。
骨の際の部分に確認することができます。
少しへこんでいるので探しやすくなっています。
押さえると痛みを感じるようになっています。
度のようにして刺激をすればいいのかというと、手の親指を使って指圧をするようにします。

スポンサーリンク

どのような強さで押さえるといいのかというと、少し痛みを感じて気持ちがいいというような程度で刺激をするようにします。
1回の目安としては、1分から2分となっています。
しかし1日に何度押さえてもとくに問題があるということはありません。
さらに効果を上げて治すというのを希望している人は、お灸をするようにします。
頻尿というのは1日に何度もトイレに行くと言うことになりますが、その定義は1日に8回以上行くことになっています。
夜間の場合は3回以上となっています。
これに当てはまるという人は、頻尿の可能性が高くなっています。
とくに女性に多いと考えられるようになっていますが、そこには理由があります。
それは子宮があるので、膀胱の容量が男性と比べて少ないという背景があります。
加齢によって尿道括約筋が衰えてきます。
その結果頻尿になる可能性が高くなります。
これは高齢者に多くなっています。
この他にストレスの影響を受けると言うこともあります。
東洋医学の観点から考えた場合には、内蔵の機能が低下していると考えることができるので、ツボを刺激すると言うことは非常に大きな効果があります。

スポンサーリンク