膀胱 違和感 頻尿 原因

膀胱の違和感と頻尿の原因について

スポンサーリンク

トイレに行くときに違和感を感じると言うことがあります。
このようなときには膀胱に何らかの問題が発生しているという可能性があります。
したがって自己判断をせずに泌尿器科などを受診する必要があります。
その中で膀胱に違和感があったり頻尿になってしまうということがあります。
そこにはいくつかの原因が考えられています。
膀胱に違和感があったり、頻尿になるというときに考えられる原因としては、急性膀胱炎があります。
これはどのような病気となっているのかというと、女性に多い病気となっています。
男性の発症は少なくなっていますが、年齢に関係なく罹患する人が多くなっています。
そのなかでとくに若い人を中心に症状が現れるようになっています。
なぜこのような病気を発症するかの原因に関しては、女性の外陰部にいる細菌が尿道から侵入することが原因となっています。
これが膀胱の粘膜に付着し、その結果そこで細菌が繁殖して発症すると言うようになっています。
普段は細菌が侵入しても炎症を引き起こすと言うことはありませんが、疲れやストレスがたまっているときには発症の可能性が高くなります。

スポンサーリンク

膀胱炎の要因は度のようになっているのかというと、ストレスや疲れや風邪をひいた後というような体調不良が関係しています。
この他には冷え性であったり、尿を我慢したり1日の尿の量が少なかったり性行為が関係しているというようなことがあります。
具体的にはどのような症状が現れるようになっているのかというと、排尿の際の痛みや頻尿があります。
このほかには排尿痔の違和感や残尿感や下腹部痛、血尿や尿が白濁しているというようなことや、尿の臭いが強いというようなこともあります。
病院を受診すると言うことになりますが、ここで行われている検査に関しては、尿検査と細胞培養検査が行われるようになっています。
これはトイレに行って紙コップに尿を採取するだけで検査を行うことができるようになっています。
必要に応じて、腎臓や膀胱に何らかの異常が発生していないかを調べるために、エコー検査が行われるようになっています。
膀胱炎と診断されたときの治療に関しては、抗生物質を内服するようになっています。
3日から5日間で回復します。
症状がよくなってから再び尿検査が行われるようになっています。

スポンサーリンク