頻尿 30分おき 原因

30分おきの頻尿の原因

スポンサーリンク

尿に関する問題は意外と多くの方が悩んでいます。
恥ずかしいという感情から病院へ行けず一人で悩んでいる方も多いです。
トイレの回数が多い、夜に度々トイレに行く、昼のトイレの回数が多いなど頻尿の傾向がある方が悩んでいます。
また、尿意を感じるのにトイレに行くと尿が出ない、或いは少量しか出ないなどの悩みを抱えている方もいます。
1日の何度も頻尿を感じてトイレに行く行為はとても疲れます。
特に高齢者や仕事をしている方は、苦痛に感じることもあります。
尿のことで悩んで心が疲れてしまいます。
トイレに30分おきに行く方の原因は、病気の可能性もあります。
膀胱炎、過活動膀胱、膀胱結石など膀胱の病気が考えられます。
また、腎臓に関係する病気や卵巣や子宮の肥大で膀胱を圧迫して起こる病気も考えられます。
30分おきに尿意を感じる頻尿には、様々な原因が考えられるので検査をすることが病気の早期発見です。
悩んでいるなら病院の検査で原因を調べることをお勧めします。
治療をすることで病気の症状は緩和して完治します。
安心して受診しましょう。

スポンサーリンク

頻尿になったからと言って水分を控えることは体にとって良くありません。
体は水分がとても重要です。
水分をしっかり取り不要な水分を尿として排出しましょう。
過活動膀胱や膀胱炎などの膀胱に関する病気は、治療が必要です。
治療をすることで病気は完治します。
尿のことで悩んでいる方は多いので落ち着いて病院を受診しましょう。
頻尿かと感じたら尿意を感じる感覚を確認しておくと目安になり、診察の参考になります。
30分おきとか10分おきとか多尿の方は、良くトイレに行きます。
また、尿の量や尿が出る時の勢いなども参考になります。
夜の方がトイレの回数が多い、昼の方がトイレの回数が多い、1日に何回トイレに行くなども参考になります。
1日だけの記録ではなく1週間ぐらいの記録を取ることも良いです。
尿に関しての少しの気づきでも記録にとっておきましょう。
例えば、尿意の時に痛みを感じる、残尿感がある、尿のことを考えて外出ができないなどの記録も良いでしょう。
医療機関は泌尿器科や内科などで受診してくれます。
受付で相談しても良いかもしれません。

スポンサーリンク