カフェイン 頻尿 改善対策

カフェインによる頻尿の改善対策

スポンサーリンク

トイレが近くなる頻尿の原因として、利尿作用の強いものを摂取するということが挙げられます。
そして、利尿作用の強い飲み物として、コーヒーは代表的な飲み物となります。
コーヒーに含まれるカフェインという成分には、膀胱を刺激する作用があります。
ゆえに、飲み過ぎなくてもトイレが近くなるというわけです。
そもそも頻尿の原因となるカフェインとは、アルカロイドと呼ばれる化合物です。
そして、利尿作用のほかにもカフェインには、覚醒作用や解熱作用などの作用があります。
コーヒーのほかにも、紅茶やウーロン茶、煎茶、ココア、コーラ、カカオなどにもカフェインは含まれています。
カフェインの摂り過ぎに注意して、適度に飲むようにするということが、頻尿の改善対策法となります。
カフェインには、体内に水分が吸収されるのを阻害する作用があり、そのために吸収されるべきであった水分が、尿として排出されるようになるために頻尿となります。
カフェインは頻尿の原因となりますので、就寝中に尿意で目が覚めやすい人は、寝る前にはカフェイン入りの飲み物を摂らないようにするということが、就寝中の頻尿改善対策となります。

スポンサーリンク

病院で行われる頻尿の改善対策法については、薬を服用する薬物療法が一般的なのですが、頻尿の症状が重度でない場合には、膀胱訓練や骨盤底筋体操などの改善対策法が指導されます。
また、泌尿器科を受診することに抵抗があるという場合に自力で行える頻尿の症状の改善対策法については、市販薬や漢方薬、サプリメントなどを服用するという方法があります。
特に女性は身体が冷えやすい傾向にあり、この冷えもトイレが近い原因となることがあります。
冷たい飲み物を避けたり、クーラーのつけ過ぎや薄着に気をつけて、身体を冷やさないように意識するということも改善対策法のひとつとなります。
また、加齢によってもトイレが近くなります。
自力で改善対策法を行なっても、頻尿の症状が改善されない、トイレに行く回数が増えたといった場合には、やはり一度泌尿器科を受診されることをおすすめします。
重大な疾患が、頻尿の原因となっている場合もあるからです。
膀胱の排尿筋が過剰に収縮することによって尿をためる量が減る過活動膀胱に悩んでいる人は、40歳以上で800万人以上います。
過活度膀胱の有効な改善対策法が、泌尿器科を受診するという方法となります。

スポンサーリンク