老人 30分おきにトイレ 対処法

老人が30分おきにトイレに行く時の対処法

スポンサーリンク

高齢者の方はトイレが近くなるという方も多く、その回数が多い方は30分おきにトイレに行くという方もいます。
また、トイレが近くなってしまった方でなくても認知症にかかってしまった高齢者も同様にトイレに行きたがるという方も多いです。
その原因によって対処法は変わってきますが、まず一番よい対処法は病院に行って治療を受けることです。
病院へ行けば30分おきにトイレに行きたがる老人の原因を検査によって調べてくれて、それが薬で治せるようなものならば専用の治療薬を処方してくれます。
家族に30分おきにトイレに行きたがる老人がいる方や、回数が多くて困っている方は病院へ行くようにすると治療が行えます。
ただ、人によっては病院へ行ったとしてもその症状を完治できないこともあります。
そして、そのような時には次のような対処法が便利です。
一つは集中できることをしてトイレに行きたいという衝動を抑えることです。
ゲームや仕事に集中している時には、そのことに没頭しているためトイレを忘れてのめり込んでしまう人も多いですがそれを利用するのです。

スポンサーリンク

例えば30分おきにトイレに行きたがる老人の対処法としては、なにか簡単な仕事をしてもらうと、その仕事をして言える最中はトイレに行くまでのスパンが長くなったりします。
特に認知症高齢者に対してこのような別のことに集中してもらう方法は有効です。
そして、もうひとつの対処法はポータブルトイレを自宅に設置することです。
トイレをしたい時に直ぐ近くにあれば、30分おきにトイレに行きたくなっても直ぐに用をたすことが出来ます。
トイレへ行くのにも家族の介助が必要な老人だと、30分おきにトイレへ疲れていくのは一苦労となりますが、近くにあれば老人がトイレに行きやすくなるだけでなく家族の介助の手間も省けます。
その他には30分おきにトイレに行きたい老人におむつを履いてもらってその中でしてもらう対処法があったり、尿瓶を利用する対処法もあります。
30分おきにトイレへ行きたくなっても、直ぐに用をたせる環境を作ればそれに対処することが可能です。
老人の介護を行っている方や、老人となり頻尿になってしまったら以上のような対処法を活用してみましょう。

スポンサーリンク