酒 トイレ 抑える 対処法

お酒を飲んでもトイレに行く回数を抑えるための対処法

スポンサーリンク

ある程度の量のお酒を飲むと、トイレが近くなってきます。
アルコールには利尿作用(尿量を増やして排尿を促進する働き)があります。
しかし、飲んだお酒がすぐに排出されるわけではありません。
体の中には、尿の濃度を一定に保ち、必要以上に尿をつくることを抑える「抗利尿ホルモン」が分泌されています。
アルコールは、この抗利尿ホルモンの分泌を抑える働きをしてしまうので、お酒を飲むと必要以上に尿が出て、トイレが近くなってしまうのです。
ところが、アルコール度数の高いお酒を飲むと、脱水症状が起こりやすくなります。
度数が高いため水分が少ないので、尿を出すための水分が足りなくなってしまいます。
足りない分は血液中の水分から排出されるので、脱水状態になってしまうのです。
脱水を抑えるためには大量の水分を摂ることが必要ですが、その結果、トイレが近くなる頻尿(排尿の回数が多くなる)の症状になってしまうのです。
脱水の対処法は、必要な水分を充分摂りながらも摂りすぎないように抑えるバランスをとることです。
また、トイレが近くなるのが嫌で水分摂取を抑えると、アルコールの分解能力が低下し、気分が悪くなって二日酔いの症状を起こしやすくなります。
二日酔いの対処法は、積極的に水分を摂ることです。

スポンサーリンク

お酒を飲んでいる最中の対処法についてです。
座席はトイレに近い席、またはトイレに行きやすい席に座ることです。
飲み方の対処法は、人に合わせず、飲むペースを抑えるよう心がけることです。
お酒の種類を選ぶ場合の対処法ですが、アルコール度数の低いものを選びましょう。
すべてのお酒が頻尿の症状を招くわけではありません。
特に頻尿になりやすいのがビールです。
ビールには利尿作用があり、のどが渇いて体が冷えやすくなってしまいます。
また、膀胱の粘膜を刺激する働きもあります。
「とりあえずビール」で乾杯したあとは、体を温める効果のある日本酒やワインに切り替えるのも良いでしょう。
少量のお酒を飲んだだけで酔ってしまう場合の対処法は、一緒に水を飲むことです。
悪酔いをしなくて済みます。
お酒を飲んだあとの対処法としては、やはり水分をしっかり摂ることです。
トイレに行くことによって、カリウム・ナトリウム・カルシウムなどの栄養素も排出されてしまいます。
できるだけ排出を抑えるため、スポーツドリンクを摂ると良いでしょう。
結局お酒を飲むとトイレに行きたくなるのは当然のことで、行きたい気持ちを抑えるだけではどうしようもなく、特別な対処法があるわけではありません。
暴飲せずに、自分のペースで飲むことが大切です。

スポンサーリンク