多尿症 色が透明 病気

多尿症と色が透明の病気について

スポンサーリンク

尿の変化には非常に敏感になる必要があります。
それは尿が健康のバロメーターと考えられているからです。
尿の色の変化に関しては、病気のサインとして考えられています。
その中で無色透明の尿がありますが、この場合には次のような病気の可能性があると考えられています。
多尿症であったり色が透明の尿が出るというような場合には、糖尿病という病気の可能性があります。
健康な尿は、基本的には黄色になっています。
しかしアルコールを飲んだ翌日や利尿作用があるカフェインを飲んだときには、色が透明に近い状態となります。
しかしこれが位置的なものであれば病気の心配はありません。
しかし多尿症であったり色が透明という状態が何日も続くというような場合には、病気の可能性を疑う必要があります。
色が透明な尿が1日に何度も続くというようなことがあれば、糖尿病という病気の可能性が高くなります。
尿の水分が多い多尿症と言うことで、色が透明の希釈尿となります。
その中で体の水分が不足して喉が渇くという症状が現れます。
その結果さらにたくさんの水分を補給して多尿症になるという悪循環が発生しています。

スポンサーリンク

このように多尿症や色が透明な尿というのは、糖尿病の早期から現れるようになっています。
したがっていろが透明の尿が続くと言うことに気がついたときには、できるだけ早めに病院を受診するようにします。
多尿症や色が透明の尿を放っておくと、糖を好む細菌が尿や膀胱でたくさん発生してしまいます。
その結果病気を発症することにつながります。
このときに発症する可能性がある病気としては、尿路感染や尿路結石となります。
この病気は排尿の際に強い痛みを感じるようになります。
濁った尿や血尿、発熱などを引き起こす病気となっています。
糖尿病という病気で治療を行う際に薬を服用していれば、血糖値が保たれていると言うことで多尿症や色が透明というようなことはありません。
しかし再び血糖値が上がると、多尿症や色が透明の尿が出るようになります。
このような症状が現れたときにはすぐに病院を受診して再検査を行う必要があります。
尿の色や状態の変化は、程度を知らせてくれるサインとなります。
したがって安易に考えないようにします。
赤い色をした血尿の際も注意が必要です。

スポンサーリンク