尿意 頻繁 病気

尿意が頻繁におきる病気の対処法

スポンサーリンク

夜目が覚めてトイレに行きたくなる、なぜか行く回数が増えた気がする、近くなったと感じるなど尿意が頻繁におきることがあれば頻尿の疑いがあります。
昼4回ぐらい、夜に0回から2回ぐらいまでが標準的な排尿回数です。
それ以上の場合は頻尿の可能性があります。
原因として考えられるのは、過活動膀胱、膀胱炎、神経因性膀胱、残尿、飲水の多すぎ、尿路感染症、腫瘍、心因性などがあります。
過活動膀胱という病気は、膀胱に尿がたまっていないのに膀胱が勝手に排尿しようとしてしまい、切迫感によりトイレが我慢出来なくなります。
膀胱炎は、頻繁に尿意が起きる病気です。
色々な支障をきたす恐れがあるため、すぐに病院で受診しましょう。
頻尿の予防対策もあります。
尿は、身体の余分な水分を排出し、血液が運んできた老廃物を濾過して排出する役目を担っています。
老廃物は尿だけでなく汗でも排出することができるため、汗をかくことによって尿を減らすことができます。

スポンサーリンク

運動をしたり、シャワーではなくお風呂でしっかりあったまることも大切です。
トイレを我慢しないことも重要です。
尿意が頻繁に起こるからといって我慢すればますます病気がひどくなる可能性があります。
冷え性が尿意につながることもありますので、身体を冷やさないことも大切です。
膀胱炎は、女性によくみられる病気です。
原因は外部から膀胱に細菌が入ることで、よくふかなかったり、トイレを我慢することによって起きます。
尿を検査して細菌がいるかどうかを確かめます。
治療は、発熱がなければ抗菌剤を3日間飲むことで完治していきます。
大体24時間ぐらいで症状がやわらぎます。
膀胱炎を予防するには、水分をとること、トイレを3時間感覚で行くこと、カフェインや炭酸飲料は膀胱を刺激するのでなるべくとりすぎないようにしましょう。
辛い物も取り過ぎは禁物です。
膀胱炎は恥ずかしい病気ではありませんので、すぐに病院に行き、治療を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク