尿漏れ 若い女性 就寝時 原因

若い女性の就寝時の尿漏れと原因

スポンサーリンク

若い女性が排尿に関して悩みを抱えているという人がいます。
若い女性が就寝時に尿漏れを感じると言うことがあります。
若い女性の就寝時の尿漏れに関しては、何が原因となっているのか気になります。
就寝時に無意識に尿漏れをしてしまうことがありますが、これは次のようなことが原因となっています。
就寝時に膀胱にたまる尿の量が、膀胱の容量を超えてしまうと言うことで就寝時に尿漏れが発生するようになっています。
子供の場合は3歳から5歳までになくなると考えられていますが、若い女性に就寝時の尿漏れは非常に気になります。
若い女性が就寝時に尿漏れをするというときに考えられている原因は自律神経の乱れと言うことになります。
ストレスや疲れがたまる、このほかには生活リズムが狂うと言うことが原因となって就寝時に尿漏れをすることがあります。
夜に尿を少なくするというような抗利尿ホルモンの分泌が少なくなり、昼間と同じ量の尿をつくってしまうことが原因です。
尿漏れにならなくても夜間頻尿の原因となってしまいます。
最近では若い女性にこのような症状が見られるようになっています。

スポンサーリンク

このほかに注意をしなければいけないことがあります。
若い女性にこのような症状が見られるときの原因としては、腎臓などの病気が関係していると考えられています。
したがって若い女性が就寝時の尿漏れに悩まされているという場合には、原因を特定するために病院を受診するようにします。
大人にこのような症状が現れても決して恥ずかしいことではありません。
泌尿器科を受診して正しい治療方法や指導を受けることが大切になります。
また大人になってから急な尿漏れの原因として考えられているものの中に、前日の飲酒があります。
アルコールには利尿作用があるので、いつもよりもたくさんの尿が寝ている間に蓄積されていると言うことが考えられています。
これは一過性のものなので、症状が続くと言うことがなければそれほど心配する必要はありません。
膀胱が小さくて十分な尿をためることができないというような身体的なことが要因となっていることもあります。
排尿に関する機能に問題が発生していることもあります。
医療機関を受診することで、生活指導やホルモン投与で改善できます。

スポンサーリンク