朝 トイレが近い 原因

朝起きてトイレが近い原因と解決方法

スポンサーリンク

朝起きてトイレが近い事が頻繁に起きるのは様々な原因があります。
この場合、病院に行って精密検査を受けて頻尿だったというケースがあります。
これは急な自覚症状がなくいつの間にか起きてしまう事なので、思いきって泌尿器科に検査に行くのが良いでしょう。
病院に行っても身体に異常なしで、その後も朝起きてトイレが近い現象が続く事があります。
この場合に考えられる原因としては、夜寝る前に水分を取りすぎてしまっている事が考えられます。
睡眠中は水分が足りなくなる事があるので、寝る前に水分を取る習慣は身体のためにとても良いことです。
しかしあまりに水分の摂取量が多くなってしまうと、朝起きたときにトイレが近くなってしまう事になります。
そのため、夜寝る前の水分補給はコップ一杯の水など適量を守りましょう。
そうする事によってトイレが近くなってしまう現象を回避する事ができます。
トイレが近い原因を排除する事によって質の良い睡眠を確保する事ができます。

スポンサーリンク

朝起きてトイレが近い現象が続くとき、泌尿器系の病気が原因ではない場合に考えられるのは、夜寝る前に利尿効果が高い飲料を摂取している事が考えられます。
例えばお茶やウーロン茶、ビールなどは利尿効果が高いといえるでしょう。
そのためトイレが近くなる原因を作ってしまいます。
したがって夜寝る前の水分補給は水やミルクなどにしておきましょう。
また夜遅くまで起きている事も、朝にトイレが近くなる要因となります。
人間は寝ている時よりも起きている方が内蔵機能が活発化します。
そのため起きている時間が長い方が、トイレに行きたくなる現象が多くなります。
また病気や水分補給以外の理由によって、トイレが近くなる現象が起きてしまう事があります。
それは体質的に身体の循環が早くて、その結果としてトイレが近い事です。
この場合は自分の体質を受け入れて、夜寝る前のトイレを忘れないなどの対策をする必要があります。
トイレが近くなる現象を避ける事で、毎晩安眠する事ができます。

スポンサーリンク